本ページはプロモーションが含まれています

家電製品

シャープの加湿空気清浄機KC-S50とKC-R50を比較!性能や価格はどう違う?

この記事では、シャープの加湿空気清浄機KC-S50(2023年9月発売)とKC-R50(2022年9月発売)の違いをご紹介します。 KC-S50(2023年9月発売)とKC-R50(2022年9月発売)の違いは、ただ1つだけ!

価格が違います

仕様やデザイン、性能などは同じです。

価格が違うだけですが、どちらを選ぶといいのかを詳しくご説明します。

シャープ空気清浄機KC-S50の値段を安い順に見てみる【楽天市場】

シャープ加湿空気清浄機KC-S50とKC-R50の価格の違い

シャープの加湿空気清浄機KC-S50(2023年9月発売)とKC-R50(2022年9月発売)の価格が、どれくらい違うのかを見てみましょう。

最安値最高値
KC-S5043,600円78,573円
KC-R5023,920円43,395円

いずれも楽天市場で2023年11月3日現在の、新品の税込み価格です。

最安値と最高値ではかなりの幅がありますが、型落ち品のKC-R50(2022年製)はお安くなっていますね。

シャープ空気清浄機KC-R50の値段を安い順に見てみる【楽天市場】

シャープ加湿空気清浄機KC-S50を安く買う方法

シャープ加湿空気清浄機の最新型KC-S50は、この記事を書いている2023年11月時点ではまだまだ高値ですが、安く買う方法があります。

それは箱に傷がある商品を選ぶことです。

新品でも箱に傷があるというだけでお安くなっています。 性能に問題はないので、自宅用として買うならおすすめです。

型落ち品のシャープKC-P50ならさらにお得

性能はほぼ同じでさらに型落ち品であるシャープ加湿空気清浄機KC-P50ならもっとお安くなっているので、お買い得です。

(楽天市場での最安値:22,800円/2023年11月3日現在)

性能や仕様は最新型のKC-S50(2023年発売)やKC-R50(2022年発売)と変わりませんが、唯一こちらの商品は使い捨て加湿プレフィルターが付いていません。

なお、2021年発売ということで、市場での在庫はどんどん減っていきます。

もしネット通販などで見つけたらお買い得だと言えるでしょう。

シャープ加湿空気清浄機KC-S50とKC-R50の共通の機能

シャープ空気清浄機KC-S50(2023年発売)とKC-R50(2022年発売)に共通している機能や良い所をご紹介します。

  • プラズマークラスター7000搭載
  • ニオイ、温度、湿度の3つのセンサー搭載
  • フィルター交換は10年間不要
  • HEPAフィルター搭載
  • 花粉やPM2.5に対応
  • パネルを外さずにお掃除できる
  • 最大加湿量500ml

では1つずつご説明していきます。

プラズマークラスター7000搭載

(画像引用元:楽天市場

プラズマークラスターはシャープだけに搭載されている機能で、空気中に浮遊する次の物質の作用を抑える働きがあります。

  • カビ
  • ウイルス
  • アレル物質
  • 花粉

ニオイ、温度、湿度の3つのセンサー搭載

(画像引用元:楽天市場

ニオイと温度、湿度のセンサーがついているので、加湿、空気清浄だけでなく消臭ができるところが大きなメリットですね。

ペットのニオイや汗のニオイ、トイレやアンモニアのニオイなども吸着する「脱臭フィルター」は10年間交換不要です。

ずっと安心して使えますよ。

フィルター交換は10年間不要

本体のフィルターは10年間交換が不要です。

なのでランニングコストが抑えられる点がメリットです。

また、汚れたら簡単に交換できる使い捨てのプレフィルターは購入時に3枚付いています。

お手入れが楽という点もおすすめできます。

HEPAフィルター搭載

(画像引用元:楽天市場

HEPAフィルターはごくごく小さな粒子10,000個のうち3個しか通さないほど高性能です。 これによって部屋の空気がいつもきれいに維持されます。 もちろんこのフィルターも10年間交換不要なんですよ!

花粉やPM2.5に対応

(画像引用元:楽天市場

PM2.5の影響で体調を崩す方が増えていますが、シャープの加湿空気清浄機KC-S50はPM2.5や花粉にも対応してしっかりキャッチしてくれます。

(画像引用元:楽天市場

スギやヒノキをはじめ、さまざまな花粉にお悩みの方も、高性能フィルターがあるので安心して過ごせますよ。

パネルを外さずにお掃除できる

(画像引用元:楽天市場

フィルター掃除って面倒ですが、KC-S50はプレフィルターについた大きなゴミはフィルターを外さずに掃除機で吸い取ることができます。 汚れが目についた時にさっとお掃除できるのは手間がかからなくていいですね。

最大加湿量500ml

タンクの水の容量は2.5Lとかなり多く、それによって最大の加湿量が500mlになっています。 乾燥する時期でもしっかり加湿してくれます!

シャープの加湿空気清浄機KC-S50とKC-R50の違い比較まとめ

シャープ加湿空気清浄機KC-S5082023年9月発売)とKC-R50(2022年9月発売)の違いは価格だけでした。

他の仕様や性能、デザインなどはまったく同じです。

価格の違いだけなので、お安く購入したい方は型落ち品であるKC-R50がおすすめです。

ただ、型落ち品は店舗でもネット通販でも在庫が早くなくなる可能性があります。

少しでも安く買いたい人は、早めに通販サイトなどをチェックするといいでしょう。

加湿空気清浄機の人気ランキング【楽天市場】はこちら

-家電製品
-,