本ページはプロモーションが含まれています

家電製品

ダイキンMCK554AとMCK55Z・MCK55Yの違いを徹底比較!加湿ストリーマ空気清浄機

ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機「MCK554A」(2023年10月発売)と「MCK55Z」(2022年10月発売)、「MCK55Y」(2021年10月発売)の違いをご紹介します。

なお、ダイキンでは次のように明記していますので、当記事でも同じように表記しますね。

MCK554A(2023年10月発売)=2024年モデル
MCK55Z(2022年10月発売)=2023年モデル
MCK55Y(2021年10月発売)=2022年モデル

MCK554AとMCK55Z、MCK55Yの主な違いは、次の通りです。

  • MCK554A(2024年モデル)とMCK55Z(2023年モデル)の違いは価格だけ
  • MCK55Z(2023年モデル)とMCK55Y(2022年モデル)の違いは電源コードをL字に変更

これだけです。

つまり、
MCK55Z(2023年モデル)→ MCK554A(2024年モデル)は機種名変更のみで仕様の変更はありません
ただし、価格が異なります。

MCK55Y(2022年モデル)→ MCK55Z(2023年モデル)の変更点は電源コードのプラグをL字へ変更したところです。

こちらも年式が異なると価格が違ってきます。

ダイキン加湿空気清浄機をもっと見てみる【楽天市場】

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)とMCK55Y(2022年モデル)の違い

MCK554A(2024年モデル)とMCK55Z(2023年モデル)の違いは価格以外は何もありません。

ただ、もうひとつ前のMCK55Y(2022年モデル)とは電源プラグに違いがあります。

MCK55Y(2022年モデル)の電源コードは普通のタイプですが、MCK554A(2024年モデル)とMCK55Z(2023年モデル)はL字型のプラグになっています。

電源に差し込んだ時にコードの向きを変えられるので、狭い場所でもコードが出っ張らなくて電源を確保できます。

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)・MCK55Y(2022年モデル)の価格の違い

MCK554A(2024年モデル)とMCK55Z(2023年モデル)、MCK55Y(2022年モデル)の価格の違いを見ていきましょう。

楽天市場AmazonYahoo!ショッピング
MCK554A(2024年モデル)61,380円-61,380円
MCK55Z(2023年モデル)44,086円43,000円43,358円
MCK55Y(2022年モデル)38,170円35,100円34,000円

(価格は税込・2023年11月5日現在のものです)

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)・MCK55Y(2022年モデル)の共通の機能

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)・MCK55Y(2022年モデル)に共通する性能や機能をご紹介します。

独自のフィルター構造でニオイやほこりをキャッチ

(画像引用元:楽天市場

ダイキン独自のフィルター構造で、ニオイやほこりをキャッチします。

  • 抗菌加湿フィルター
  • 脱臭フィルター(※)
  • TAFUフィルター
  • アクティブプラズマイオン発生ユニット(※)
  • ストリーマユニット

これらのうち、※がついているフィルターは交換が不要、それ以外のフィルターも交換は10年間交換不要なので、お手入れが楽というメリットがあります。

ストリーマ構造で内部もきれい

(画像引用元:楽天市場

本体の中をきれいにしてくれる構造になっています。

有害物質を抑える

(画像引用元:楽天市場

空気中に浮遊しているウイルスやカビ菌、ハウスダストなどを抑え、ニオイも抑えてくれます。

タバコのニオイやカビ臭、生ゴミの臭い、ペット臭など家庭内で気になるニオイを脱臭する効果があるので、いつでもきれいな空気の中で生活できますよ。

さまざまな花粉に対応

(画像引用元:楽天市場

花粉は2~3月ごろに多く飛散するスギやヒノキだけではありません。

イネやススキ、アカマツ、クロマツ、ブタクサ、イチョウなど数多くあり、人によっては季節を問わず花粉症に悩まされることになります。

ダイキンの空気清浄機は全国の16種類もの花粉を無力化することに成功しました。

まめこ
まめこ

東京大学で実証済みなので安心ですね

音が静か

(画像引用元:楽天市場

加湿空気清浄機によっては音が気になる・・・という方がいるかも知れませんが、これは音が静かな構造になっています。

2014年モデルと比較すると、人が感じる運転音が約30%以上低減されています。

まめこ
まめこ

夜間や赤ちゃんが寝ている部屋でも使えますね

フィルターの交換は10年に1度

(画像引用元:楽天市場

抗菌加湿フィルターやTAFUフィルター交換が10年間で1度だけでOK!

これは手間がかからないのでいいですね。

また、給水タンクの取り外しも簡単なんです。

(画像引用元:楽天市場

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)・MCK55Y(2022年モデル)の違いまとめ

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)・MCK55Y(2022年モデル)の違いはほとんどありません。

MCK554A(2024年モデル)・MCK55Z(2023年モデル)とMCK55Y(2022年モデル)の違いは、電源プラグがL字になっているかどうかという点だけです。

旧型のMCK55Y(2022年モデル)はL字型になっていないので、狭い場所にコンセントを入れるときは邪魔になる可能性があります。

また、価格は、楽天市場では次のようになっています。

  • MCK554A(2024年モデル)・・・61,380円
  • MCK55Z(2023年モデル)・・・44,086円
  • MCK55Y(2022年モデル)・・・38,170円

MCK55Z(2023年モデル)とMCK55Y(2022年モデル)の差は5,916円で約6,000円ほども違います。

もしL字型プラグでなくても使える場所ならば、安い方のMCK55Y(2022年モデル)がいいでしょう。

一方、L字型プラグの方が便利だという場合は、2023年モデルのMCK55Zの方がおすすめです。

なお、MCK554A(2024年モデル)とMCK55Z(2023年モデル)の違いはまったくありません。

そのため、少しでもお安く買いたいという方は2023年モデルをおすすめします。

ネット通販サイトではだんだん在庫が少なくなっていくので、安い商品を見つけたら早めに購入するといいでしょう。

ダイキン加湿空気清浄機をもっと見てみる【楽天市場】

-家電製品
-, ,