本ページはプロモーションが含まれています

家電製品

コードレス掃除機のバッテリー寿命をメーカー別に比較!どれが長持ちするか徹底調査

コードレス掃除機のバッテリー寿命は、メーカーによってどれくらい違うのか、どこがお得なのかについて書いています。

コードレス掃除機は充電しておけば、どこにでも持って行って掃除ができます。

でも、すぐにバッテリーの寿命が来て、使えなくなってしまうんじゃないか・・・と心配ではありませんか?

  • バッテリー寿命は何年?
  • 1度の充電でどれくらい使えるの?
  • バッテリーの交換は必要?
  • どのメーカーがいいの?

このような不安やお悩みを解決するために、コードレス掃除機のバッテリー寿命について調べてみました。

この記事でわかること

  • バッテリーの充電回数はメーカーによって約500回~1000回と幅がある
  • 掃除機のバッテリーは強モード<標準<エコモードの方が長持ちする
  • 掃除をするたびに充電するのがおすすめ
  • 外付けのバッテリーは交換が簡単
  • 内蔵バッテリーはメーカー修理が必要で費用と日数がかかる
  • コードレス掃除機を買う場合は本体と予備バッテリー、両方の価格をチェック!

コードレス掃除機のバッテリー寿命は、メーカーによって違いがあります。

また、使い方次第で変わってきます。

コードレス掃除機を買う場合は、本体価格だけでなくバッテリー寿命や交換が可能かどうかなども一緒に検討する方がいいですね。

この記事では、コードレス掃除機のバッテリー寿命について詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

コードレス掃除機のバッテリー寿命はどれくらいあるの?

コードレス掃除機のバッテリーは、使い方によっても異なるため、多くのメーカーでははっきりした数値を明記していませんが、一般的に充電を500回くらい行うと寿命だと言われています。

「500回程度」の根拠ですが、コードレス掃除機のバッテリーは「リチウムイオン電池」を使用しているものが多いからです。

リチウム電池自体が充電回数500回程度で寿命を迎えるから・・・というのが理由になります。

ただし、上でも書いたように使い方(掃除機の運転モード)や部屋の温度などの環境によってバッテリーの消耗度合いが違ってきます。

そういう背景があるため、多くのメーカーではコードレス掃除機のバッテリー寿命がどれくらいなのかをはっきり表示していません。

しかし、目安となる回数があるので、ご紹介します。

バッテリー消耗の目安は500回

「バッテリー寿命」とは、バッテリーが0になってまったく動かなくなることではありません。

バッテリーの容量が50%に落ちる=バッテリー寿命

下のグラフのように、充電を500回行うとバッテリーの容量が50%に下がるのですが、この段階で「バッテリー寿命を迎える」と判断されています。

(出典と引用:日経XTECH)

コードレス掃除機の場合も同様で、500回充電を繰り返すとバッテリーの容量が50%に落ちて寿命を迎えるということになります。

そのため、もし毎日1回充電するとしたら、約1年4~5ヶ月で寿命を迎えると考えられます。

コードレス掃除機のバッテリー寿命は使い方次第で違ってくる!

コードレス掃除機の運転には、次のようにさまざまなモードがありますよね。

  • 強(ハイパワー)
  • 標準モード
  • エコモード

同じ型番の掃除機でも、使用するモードによってバッテリーの寿命が異なります。

例えばA社の製品の場合、連続使用した時のバッテリー寿命はモードによって次のようになります。

バッテリー寿命

  • 標準モード(ブラシ回転なし)・・・約27分
  • 標準モード(ブラシ回転あり)・・・約20分
  • ターボモード・・・約10分

コードレス掃除機のバッテリー寿命を長持ちさせる5つの方法

コードレス掃除機のバッテリー寿命を少しでも長持ちさせるには、次の方法をやってみてくださいね。

バッテリーを長持ちさせる5つのポイント

  • なるべく「標準モード」や「エコモード」で使用する
  • 使い終わるたびに充電する
  • 部屋の温度は5℃~35℃がおすすめ
  • バッテリーが切れた時に無理にスイッチを入れない
  • 長期間(1ヶ月以上)使わない時は、フル充電しておく

標準モードやエコモードがおすすめ

強モードはバッテリーが早く減ってしまいます。

どうしても・・・という時以外は標準モードがおすすめです。

エコモードもバッテリーの消耗が少ないので、バッテリー寿命は長持ちしますよ。

使い終わるたびに充電する

コードレス掃除機が動かなくなるまでとことん使いたい・・・と思う方がいるかも知れません。

このようにバッテリー残量が0(ゼロ)になるまで使うことを「過放電」と言います。

バッテリーが残り少なくなっても充電しないでいると、バッテリーの寿命は短くなってしまいます。

これは電池が劣化するからです。

バッテリーを長持ちさせるには、掃除機を使い終わるたびに充電しましょう。

適切な環境で使う

使用する環境や充電する場所が極寒の部屋や高温の場所だとバッテリー寿命に影響を与えます。

最適な環境は、室温が5℃から35℃です。

極端に寒い部屋や暑すぎる場所は避けた方がいいでしょう。

無理にスイッチを入れて動かさない

バッテリーが残り少なくなって動きが悪くなり、「あれ?」と思ってもう一度スイッチを入れると動くことがあります。

しかし、このように無理やり動かすのは電池を放電させることになって、バッテリーそのものの寿命が短くなってしまいます。

動きが悪くなったり、バッテリーが残り少ないかと思った時は無理に動かそうとせずに、充電しましょう。

長期間使わない時はしっかり充電しておく

長い間(1ヶ月以上)掃除機を使わない時は、そのまま放置するのではなく、フル充電しておきましょう。

それによってバッテリーが長持ちします。

メーカー別コードレス掃除機のバッテリー寿命

メーカーが明示しているバッテリーの寿命です。

なお、これは本体に最初から内蔵しているバッテリーです。交換用ではありません。

メーカー名充電可能回数(またはバッテリー寿命)
パナソニック約500回
マキタ約500回
シャープ約1,000回
アイリスオーヤマ約1,000回
日立2~3年

もちろん使う頻度や使用時間、使用するモード、環境などによって違ってきますが、目安になると思います。

1度の充電でどれくらい使用できるの?

コードレス掃除機のバッテリーは、1度充電したらどれくらい動かせるのでしょうか?

1回の充電で動く時間のことを「連続使用時間」と言います。

主なメーカーの連続使用時間を比較してみました。

(いずれも標準モードの場合)

メーカー名連続使用時間
パナソニック約10分~15分
マキタ約25分
アイリスオーヤマ約27分
シャープ約35分
日立約40分

メーカーによって違いがありますね。

コードレス掃除機のバッテリー交換の目安

コードレス掃除機のバッテリーを充電しても動かなくなった=寿命を迎えた場合でも、交換することでまた掃除機を動かすことができます。

交換の目安は、次のような状態になった場合です。

  • 充電しても充電が完了しない
  • 電源を入れても、すぐに動かなくなる

このような症状が出たら、バッテリーが寿命なので交換するといいですね。

コードレス掃除機のバッテリーを交換する方法

コードレス掃除機と言っても、バッテリーのタイプは内蔵型外付け型の2種類あります

内蔵型バッテリーの交換方法

バッテリーが内蔵されているコードレス掃除機の場合は、自分でバッテリー交換ができません

メーカー対応となり、修理に出す必要があります。

当然、交換費用がかかりますし、日数もかかります。

交換費用はメーカーによって異なりますが、B社の場合は次のように約2万円(部品代と交換費用)が必要です。

  • 部品代:16,500円
  • 交換費用:4,400円
  • 合計:20,900円(税込)

外付けタイプのバッテリー交換方法

外付け型バッテリーの場合は、古いバッテリーをカチッと外して新しいバッテリーを装着するだけです。

修理に出さなくてもいいので、交換したらすぐに使えるのがメリットですね。

掃除機をよく使う方は、予備のバッテリーを買っておくと便利ですよ。

ただ交換用バッテリーの費用は、メーカーや機種によって異なります。

安いものは1個7,000円ほどですが、高いものになると2万円くらいかかります。

購入時には交換用バッテリーの費用もよく確かめておきましょう。

こちらのアイリスオーヤマ コードレス掃除機 SCD-183P(楽天市場)はバッテリー外付けタイプです。

  • 本体価格:9,980円(税込・送料無料)
  • 交換用バッテリー:5,117円(税込・送料無料)

なので、購入時に交換用バッテリーも一緒に買っても初期費用は約15,000円ほどで済みます。

ちなみに、バッテリーの連続使用時間は約27分です。

では、次に各メーカー別のコードレス掃除機のバッテリー寿命を見てみましょう。

パナソニックのコードレス掃除機のバッテリー寿命

パナソニックでは、コードレス掃除機のバッテリー寿命について特に言及していません。

公式ホームページや取扱説明書にも記載がないのでわからないのですが、使用する環境(部屋の温度や使用頻度など)、充電するタイミングなど顧客の利用状況によって違うからでしょう。

ちなみにパナソニックのコードレス掃除機の週間売り上げランキング(楽天市場)※で1位だったのは、パナソニックMC-NS10K-W 送料無料(楽天市場)でした。

※ランキングは集計期間:2023年10月9日~10月15日/2023年10月18日(水)更新の結果です。

  • 本体価格:52,951円(送料無料)
  • 交換用バッテリー:13,200円

(いずれも税込)

パナソニックのコードレス掃除機の人気機種はこちら

▼ ▼ ▼

パナソニックのコードレス掃除機 週間売り上げランキング(楽天市場)

シャープのコードレス掃除機のバッテリー寿命

シャープのコードレス掃除機のバッテリーの寿命について、公式サイトに記載があります。

それによると、満充電(一度100%まで充電する)をしてから放電を繰り返した場合で約1,100回です。

使う環境や使い方によって多少の違いはありますが、目安になりますね。

なお、こまめに充電と放電(使用)を繰り返すと、1,100回以上使えます。

楽天内でシャープのコードレス掃除機の中で週間ランキング1位(※)だったのは、シャープRACTIVE Air EC-FR9(楽天市場) です。

※ランキングは集計期間:2023年10月9日~10月15日/2023年10月18日(水)更新の結果です。

シャープ RACTIVE Air EC-FR9は

  • 本体価格:25,859円
  • 交換用バッテリー:10,890円

(いずれも税込)

シャープ EC-FR9 スティッククリーナー RACTIVE Air ブラック

楽天で購入

 

こちらも参考になります。

▼ ▼

シャープのコードレス掃除機 週間売り上げランキング(楽天市場)

日立のコードレス掃除機のバッテリー寿命

日立のコードレス掃除機のバッテリー寿命は、公式サイトで目安として毎日1~2回の使用で2~3年となっています。

ただし、あくまでも目安なので、使用する環境によって違いが出てきます。

 楽天で日立の掃除機の中でもランキング1位(※)は日立 PKV-BK3K-V(楽天市場)です。

※ランキングは集計期間:2023年10月9日~10月15日/2023年10月18日(水)更新の結果です。

PKV-BK3K-Vは、本体価格40,168円/税込・送料無料)ですが、バッテリー内蔵型なので交換は自分ではできず、修理対応になっているようです。

掃除機 PKVBK3KV PKV-BK3K-V スティッククリーナー(コードレス式)かるパックスティック 新品 送料無料 メーカー保証1年付

楽天で購入

 

日立のコードレス掃除機の人気機種はこちら

▼ ▼ ▼

日立のコードレス掃除機 週間売り上げランキング(楽天市場)

コードレス掃除機を選ぶならバッテリー交換ができてコスパがいいものを

ここまででご説明したように、コードレス掃除機のバッテリーは多くのメーカーで充電回数が500回~1000回くらいで寿命を迎えます。

つまり、使用する頻度にもよりますが、2年~3年くらいで交換が必要となります。

それならば本体価格がリーズナブルがもので、一定の機能があるもの。

そしてバッテリー交換が簡単で、コスパがいいものを選ぶようにしましょう。

掃除機をよく使う方なら、最初から予備バッテリーも一緒に購入して、交互にうまく充電すると長持ちします。

今回ご紹介した各メーカーの人気のコードレス掃除機を、バッテリー寿命、本体価格、交換用バッテリーの価格、交換が簡単かどうかという点で比べてみました。

(価格はすべて税込です)

メーカー(型番)バッテリー寿命本体価格交換用バッテリー価格バッテリー交換はできる?
パナソニック
MC-NS10K-W
不明52,951円13,200円
シャープ(EC-FR-9)約1,100回25,859円10,890円
日立 (PKV-BK3K-V )2~3年40,168円内蔵型メーカーでの修理対応
アイリスオーヤマ(SCD-183P)約1,000回9,980円5,117円

このように、どのメーカーでもバッテリー寿命は充電回数が約1,000回または2~3年となっています。

なお、日立はバッテリー内蔵タイプなので、メーカーに修理に出して交換してもらいます。

それ以外のメーカーは、バッテリーが外付けなので、自分でも交換が可能です。

バッテリー寿命に大差がないのならば、本体も交換用バッテリーもお安いアイリスオーヤマのアイリスオーヤマ コードレス掃除機 SCD-183P(楽天市場)がおすすめです。

コードレス掃除機のバッテリー寿命について-まとめ

コードレス掃除機のバッテリーの寿命は、使用する頻度や充電するタイミング、掃除機の運転モードなどによって変わってきます

そのため、一概には言えないのですが、多くのメーカーで充電回数500回~1000回でバッテリーの寿命が来るとしています。

メーカーによってはバッテリーの寿命がどれくらいということを明記していないところもあります。

掃除機の吸引が悪くなったとか、充電してもなかなかフル充電にならないという時はバッテリー寿命と考えて交換するといいでしょう。

ただし、掃除機によってはバッテリーが内蔵されていないため、交換はメーカー修理の対応になるものもあります。

そうなると部品代(バッテリー代金)の他に修理費用がかかる上に日数もかかります。

購入前に自分でバッテリー交換ができる外付けタイプかどうかをよく確かめておきましょう。

また、交換用バッテリーの費用もメーカーや掃除機の機種によって違います。

掃除機本体の価格や機能の他にバッテリーのコスパがいいかどうかも検討するといいですね。

当サイトでおすすめのアイリスオーヤマ コードレス掃除機 SCD-183P(楽天市場)は本体価格が9,980円(税込・送料無料)、交換用バッテリー:5,117円(税込・送料無料)です。

(価格は2023年10月時点)

最初に交換用バッテリーも購入しておくと、交互に充電することで長く使えるので便利です。

★ランキング1位獲得★掃除機 コードレス サイクロン 吸引力 アイリスオーヤマ スティッククリーナー送料無料 クリーナー ハンディ コードレス掃除機 軽量 充電式 ハイパワー 充電式クリーナー 一人暮らし SCD-183P-B-W SCD-184P-B【23GH】

楽天で購入

 

 

-家電製品
-